九頭竜堂

サークル「九頭竜堂」のBlogです。 主に仲間内で遊んだTPRG(クトゥルフ・シノビガミ・サタスペ等)の話題や、ニコニコ動画でのリプレイ動画投稿、フリーシナリオの公開情報やコミックマーケットでの頒布物の情報をお知らせしています。

カテゴリ: 雑記

当サークルについて諸々

(2017/04/05)更新
記事中の情報内容が古かったため、大幅に更新しました(ひふみいろは)

九頭竜堂について

九頭竜堂は京都を本拠地とした同人サークルです。
(京都が本拠地ですが、県外のスタッフも多数います)

デジタルゲーム、アナログゲーム(ボードゲーム、TRPG)の制作&頒布が活動目的です。
vr_game_pad
trpg_people
設立当時は大学生を主体としたサークルでしたが、現在は社会人の比率が多くなりました。

サークルのあゆみ

2013年 12月 大学生を主体としたサークルとして設立 コミックマーケット85出展
2014年 08月 コミックマーケット86出展
2014年 12月 コミックマーケット87出展
2015年 08月 コミックマーケット88出展
2015年 12月 コミックマーケット89出展
2016年 08月 コミックマーケット90出展
2016年 12月 コミックマーケット91出展
2017年 08月 コミックマーケット92出展

Blogについて

Blogでは、サークルの活動イベントのお知らせ、サークルメンバーの雑記を扱います。
今後の記事では、現在のサークルスタッフを紹介していく予定です。

サークルの制作物について

以下は、サークルの制作物に関するリンクです。

メロンブックス委託販売ページはこちらからどうぞ
とらのあな委託販売ページはこちらからどうぞ
ニコニコ動画のサークルアカウントはこちらからどうぞ
pixivのサークルアカウントはこちらからどうぞ

ニコニコ動画のリプレイ動画について

お問い合わせを多く頂いております、クトゥルフ神話TRPGリプレイ動画ですが、
現在続きを制作中です
大変長らくお待たせして申し訳ありませんが、今しばらくお待ちいただけたらと思います。
投稿については、追ってBlogにてアナウンスさせていただきます。







スタッフ募集中

九頭竜堂ではサークルスタッフを随時募集中です(2017/0406現在)
募集中
  • 職種:限定なし 活動内容との関係を問わず専門技術を持った方も歓迎
  • 応募:右アドレスに連絡ください。hihumi_iroha☆yahoo.co.jp ←☆を@に変更

この記事を書いた人:九頭竜堂新人ライター『リクラァカ
ラァくん1
アイコン絵:フォロワーさん(くくいちさん)からの頂き物

  • 好きなもの:カルピス
  • 嫌いなもの:蚊
  • 作ったシナリオ:『クロイミライ』『ヒーローアーズ』
  • 最近遊んでいるゲーム:FGO、シャドバ
  • 好きなサーヴァント:アンデルセン、ケツァル・コアトル
  • 好きな漫画:『ボボボーボ・ボーボボ』『からくりサーカス』
  • 最近の楽しみ:スプラトゥーン2の発売
  • 座右の銘:「味方にすると頼りないが敵に回すと厄介」

 皆さんこんにちは。九頭竜堂もちゃんとC92当選したようで一安心なムオサム(@naoper1019)です。
 前回に続いて、今回も
 
資格複数持ち、専門職志望、学歴そこそこで、インターンシップにも積極的に参加していたにも関わらずいかにして就活に失敗したか
 ということをつらつらと書いていきます。

前回までのあらすじ

 専門知識だけは中途半端にある文系学生ムオサムは、就活を決意した。
 まず第一の行動として、希望業界のインターンシップにエントリーした彼だったが、面接を自己紹介雑談の場だと勘違い。
 圧倒的な自分語り雑学披露で場を凍りつかせ、面接を受けに行った全企業から不採用通知をもらう日々がスタートしたのである……
 更に、せっかく掴んだ志望企業の社長との飲み会すら自分語りで叩き潰す!
 その肝っ玉があればもっと別の仕事ができそうな気がするムオサムの明日はどっちだ!

第二話 ムオサム、悪循環に落ちる

選ばれし者たち


 就活でインターンシップを経験した方はご存知だと思いますが、大部分の企業でインターンシップを経験した学生には特別な選考フローが用意されます。 例えば、インターンシップ参加者は一次選考をスキップできたりするわけですね。
 私の志望企業の多くは、参加者に対し選考要素のない面談の機会が設けられていました。
 平たく言えば、面接の前に社員に好き勝手質問していいよ!というわけです。
 正しい就活生にとっては、福利厚生や給与など、中々訊きにくいことを訊けるビッグチャンスです。

面談、玉砕


20170504163124

 私はといえばこんなクソでかい態度で、選考要素のない面談なんぞいらんから早く内定通知よこせ。みたいな感じでした。前回お話したように社長と飲み会を果たした逸材ですから、当然合格できると思っていたわけですね。

伝説達成

 面談から数日後、そんなイケイケな私に一通のメールが届きました。
(前略)
ムオサム様は面談の結果、当社の社風とそぐわないと判断したため採用をお見送りさせて頂きます。
今後のご活躍をお祈りしています。
(後略)
  はい。選考要素がないと事前通知された面談で見事にお祈りを食らうという伝説を達成してしまったわけですね。

実績解除

流石にやばいのでは?

 ここまでされてしまうと、流石に能天気ではいられなくなりました。
 さて、何をするべきか。面接の練習? 就活マナーの勉強? やれることはたくさんありますね。
 窮地に陥ったムオサムが選んだ対策! それはっ!

 …………

 ……

 …

 専門知識と技術の更なる進化でした。

 bk1
 はい。バカです。バカ極まりないです。
 というのも私は当時、面接に落ちる理由は
専門知識が技術職として必要レベルに達していないから
 だと思っていました。
 そんなんだったらそもそもインターンシップで結果を残せてないという当たり前のことは理解していませんでした。

ムオサム、無限地獄へ

 ここから先は転機が訪れるまで同じ失敗を繰り返しただけですので、ロッキーのテーマでも流しながら以下のツイートをご覧ください。

転機到来

 こんな感じで見事に2月上旬までを無駄にしてしまったムオサムに、転機が訪れます。
 その転機とは、いつも通り九頭竜堂メンバーで雑談をしていたときのことでした。
ムオサム「内定とれなくてしんどいっすわ……」
ひふみいろは「え、まだ就活してたの?」
ムオサム「してますよ(半キレ)なんでこんな専門知識貯めてんのに落ちるんですかね」
ひふみいろは「就活ってユーモアだからさぁ、もう特技訊かれたら『アルファベットが読めます』って答えるくらいでいいんじゃないの? バレンタイン近いからチョコでも持ってさ」
sEdwqqrKf4roy44_qYnS8_87
 はい。当時の私の心境はこうでした。
 私は技術職に応募してるんであって営業職じゃないんだぞ? バカにしてんのかこのオッサンは。

と、言いつつも


 もはやすがれるものにはなんでもすがってみたかったので、言いつけどおりチョコレートを片手に面接を受けに行ってみました。

すると

mig
 場は凍りつき、その場で帰れと言われるはずでした。
 しかし、反応は真逆
 これまで場を和ませようとハワイ語と日本語の言語接触について語ったり、居飛車穴熊後略のために最近やっていることを話した時のような冷たい空気から一変、チョコを渡した途端どわっと面接官が明るくなりました。そして、なんとその場

「是非役員面接へ進んで欲しい」

 と言われました。なんと、チョコレートとアルファベット戦法で初の面接突破を果たしたわけです。

 ひ……

 ひっ……




  ひふみ様!!!

 おひふみのおいろは様!!!!!!!

 この瞬間、私はこれまでおひふみのおいろは様にしてきた全てのことを懺悔しましたね。
 そもそも一回りも年が違わないのにおじさん呼ばわりしたり、童貞拗らせすぎてるとかテキトーなことを言うべきではありませんでした。おひふみのおいろは様は私を内定へ導いてくださる偉大なお方だったのです。

ところがどっこい

 ここで素直に内定獲得、ハッピーエンドといかないのが私の素晴らしいところであり、結局おじさんは内定救世主ではなく、ゲーム作りに情熱的な童貞拗らせすぎてるおっさんだったわけです。
 この後、手に掴んだかに見えた内定をいかにしてのがしたか、その後どうやって二度目のカムバックを果たしたかについて書いていきたいと思います。

 次回、「第三話 ムオサム、心が砕け散る」
 ご期待下さい!

 皆さんこんにちは。つい先日無事内定を頂いたムオサム(@naoper1019)です。
 6月に入り、学部三年生の方はインターンシップへのエントリーが始まったり、四年生の方は就活がクライマックスだったり大変な思いをしてらっしゃると思います。
 特に学部四年生でまだ内定がない方は、このブログ記事の一行目を見て……

298175314-origin-1471344684
 みたいになってしまっていると思います。
 大丈夫です。他のブログみたいに『私が内定をもらえたのはこうしたから❤』みたいな記事を書くつもりはありません。
 私はこの記事で……

資格複数持ち、専門職志望、学歴そこそこで、インターンシップにも積極的に参加していたにも関わらずいかにして就活に失敗したか

 ということをつらつらと書いていきます。

第一話 ムオサム、就活をみくびる


それはちょうど一年前の出来事だった……

 上記のツイートをした日が、私が就活を始めた日です。ざっと一年前ですね。
 就活をしたことがある方ならお分かりかと思いますが、学部三年生の5月中から本気で動き始めるのはかなり早く、我ながら意識の高い就活生だったと思います。
 私の志望業界、業種は専門性の高いもので、技術や資格さえ持っていればまず入れるタイプでした。
 私は前述の通り複数の資格持ちで、学歴もそこそこだったので、『まぁ余裕で受かるだろう』と余裕しゃくしゃくでエントリーシートや履歴書を書き進めていました。

崩壊の予兆

 自信満々で挑んだ通り、私はインターンシップの書類選考や実技試験等でつまずくことなく、全て通過することができました。
 これが終わりの始まりだったのです……
 私は一次選考をなんの苦労もなく超えてしまったせいで、「あぁ、就活って余裕じゃん」という最も危険な偏見を持ってしまいました。
 続々と通過した企業からインターンシップの詳細が送られてくる中、一部の企業から
『通過者多すぎたから二次選考の面接やるよ』
 という連絡が来ました。

初めての面接

 8d961a28
 私は完ッ全に就活をナメくさってしまったので、こんな感じのセリフを友人に吐きながら面接会場に向かっていきました。
 面接では細かく何を話したかは覚えていませんが、面接官が訊いてもいない自分の研究内容の話を四十分くらいした気がします。

受かるわけねぇ!

 まぁ、落ちますよね。
 受かる要素がないですもんそんな話しておいて。
 ただ、当時の私は落選通知をもらっても、

d56051e3
 とはならず、むしろ面接官のことを
2b5323b9c254ee6bac3672ae9ed994fc986748ef1494753259
私の価値を理解できなかった馬鹿面接官 だと判断していました。
 参考までに言っておきますと、この時面接した複数の企業は全部私を落選させました。
 ちなみにその後、別の面接官に訊かれてもいないシシリアン・ディフェンスの素晴らしさやジェンダー論と一人称のこじれた関係性等を話したような気がします。
 言うまでもないですが、馬鹿は私です。

就職先決定!?

 後に、私に面接を行わず、書類だけで私のことを判断してしまった多くの迂闊な企業のインターンシップが始まりました。
 いざ研修を行ってみると、技術だけは自信がある典型的な社会性が死んだオタクなので、他の参加者に比べてかなりいい結果を残すことができていました。
 しかも、参加した企業の社長から個人的に飲みに誘われるという偉業を成し遂げます。
 もうアレです。

615d7a59
 って感じでした。
 完全に『この企業からの内定は取ったな』という気分で、飲み会の最中社長が訊いてもいない自分のフィールドワーク先の話を一時間くらいした気がします。

パターンが見えてきましたね?

 はい。私の就活失敗の本質はここにあります。
 ですが、今後この症状が更に悪化し、書類選考、適性検査、実技試験無敗にも関わらず面接を受けた41社から不採用通知をいただくというビクトリー伝説を打ち立てることになります。

 次回、「第二話 ムオサム、悪循環に落ちる」
 ご期待下さい!

四畳半神話大系を見てました

最近、アニメの”四畳半神話大系”を見直してました。
四畳半神話大系は森見登美彦の同名の小説を原作とするアニメーション作品です。
森見さんの小説のほとんどに共通しますが、京都を舞台にして非常に独特な作風を組み込んだ不思議な作品です。

四畳半神話大系

今回は四畳半神話大系のアニメ最終話に出てきた「ある表現」をキーにして、物語やゲームの中の視点についての話をしていこうと思います。
ちなみに、今回のブログは四畳半神話大系のネタバレを含んでいます。
読むにあたってご注意ください。


四畳半神話大系ってどんな話

以下、作品の概要(アニメ版のHPの第1話から抜粋)

photo_01
大学三回生の「私」は、薔薇色のキャンパスライフを夢見ながらも無意義な2年間を過ごしてきた。入学した時に数あるサークルの中からテニスサークルを選ぶが、会話も出来ずに居場所を失くしていく。そこで同じ様な境遇の小津と出会い、サークル内外で人の恋路を邪魔をする「黒いキューピット」の悪名を轟かせることに。 小津と出会わなければ黒髪の乙女と薔薇色の人生を送っていたに違いない! もしあの時違うサークルを選んでいたならば……。

つまりどういうことだってばよ…?


三行でたのむ

  • 主人公は非リア
  • 大学入学から今日までの自身の選択に悩む
  • 時間が巻き戻り、別の選択を選んでいた世界が描かれるがそこでも非リア

アニメ版最終話の「ある表現」

今回取り上げるのは最終話のラストの1コマ。

201007020550431a4
俺なりの愛だ

どういうシーンなのか

    前提として、以下のような状況が存在します。

    物語の終盤にループ空間に閉じ込められる主人公。
    自分以外誰もいない世界、その孤独につぶれかけていたときに悪友「小津」のことを思い出す。
    すべての平行世界で自身のリア充化を全力で邪魔してきた最悪の悪友が、自身にとって最高の友であったことに気づく。

    その後、ループから脱することに成功して小津と再会。
    小津はこれまでと打って変わって、自身に対して親切な主人公を見て薄気味悪さを示します
    「どうして、自分に優しいのか」と問う小津に対して、主人公は「俺なりの愛だ」と答えて物語は終わるのです。

    201007020550431a4

    この主人公の顔がどのような意味を持つのか、更にみていきましょう。

    小津という存在

    小津は主人公の悪友です。
    大学に入学してリア充を目指すはずだった主人公。
    小津は、すべての平行世界で主人公を非リアに落とす悪魔的な存在として描かれます。

    小津の姿は以下のような感じです。

    a50c89c9

    物語の語り手である主人公からも、「妖怪」という表現を受ける出で立ちをしています。
    うーん、どこかでみたことがあるような…?

    小津にはもう1つバリエーションが存在します。
    それは、主人公がループ空間を脱出以降に描かれる姿です。
    そのときの小津の姿はこんな感じ。



    ん!? なんか色々違くないですか!?

    ご安心ください。どちらも正真正銘の小津です。

    なんで顔が全然違うの?

    結論からいうと、小津の姿が変わってしまった原因は「主人公の認識の変化」にあります。

    これまでの話にも出てきたように、主人公は小津のことを最悪の友人として認識していました。
    この認識は物語の終盤になって、一転します。

    小津こそが最高の悪友である。
    孤独なループ空間のなかで、主人公はそう考えるに至ったのです。
    そして、これらの主人公の認識は小津の姿を変える決定的な体験となるのです。

    四畳半神話大系の語り手(視点)は主人公。
    その主人公の認識(フィルター)が変わったことにより、小津の視え方が変わったのです。
    主人公の認識と出来事の混同は、作者の森見登美彦さんのインタビューでも触れられているので、興味のある人はどうぞ。リンクもここに貼っておきます
    ...僕の小説の書き方に近いのは「四畳半」だと思うんです。
    (中略)
    「四畳半」のほうは、主人公の心の中の出来事と実際に起こっている出来事が全部一緒くたに区別なく、アニメーションという表現で描かれているという感じがしていて。それは僕の小説で、主人公の思いも起こっている出来事も、文章によって全部ひと続きで一緒くたに語られてしまうこととよく似ていると思うんです。

    改めて主人公の顔を見てみよう

    201007020550431a4

    同じ記事に、同じ画像を3回も貼っていると心が荒んできそうです。
    あと、ちょっと殴りたい顔してますよね。

    「俺なりの愛だ」
    そう語る主人公の顔は、誰かに似ていますね。

    a50c89c9

    小津Before!
    そうです妖怪として見ていた頃の小津にそっくりなんです。

    なぜ小津の顔をしているのか

    ここからが話が小難しくなってきます。
    また、ここから先はオタクの勇み足ともいえる理論展開が始まります。



    ご勘弁ください(´;ω;`)



    話を戻すと、考えられる主人公の顔の意図(があるとして)は以下の通り

    ①小津の真似をしているから(「僕なりの愛ですよ」は小津の決め台詞だった)
    ②主人公が自分自身への認識を変えた(自分が小津と同類であると認識したから)
    主人公以外の視点だったから

    (もしかしたら、まだあるかも。詳しい人がいたら、@1i2ro3haに教えてください)

    細かな理由付けは割愛しますが、僕はだったら面白い(≠正しい)なと考えています。

    「主人公以外の視点だった」とするなら



    こう考えた場合、主人公の顔は視点が移り変わった誰かの認識だったとつなげられます。

    素直に考えれば主人公を奇異の目で見た小津の視点だったと考えるべきでしょうか。
    しかし、例のシーンにはもうひとつ視点の持ち主が存在したのではないでしょうか。

    もしかして視聴者の視点でもあったのでは

    最後の主人公の顔をみていたのは、実は視聴者の視点だったのかもしれません。
    Dr.スランプ アラレちゃん 第57話 夢のみにちゅあわが家

    ループ空間(IFの様々な世界)の物語を見ることによって、
    読み手はすでに主人公よりもひとつ上の目線から物事をみれるようになっているわけです。

    主人公と読み手を同調させて、最後に切り離す

    ここまでの妄想考察をまとめると、四畳半神話大系の最終話では語り手(主人公)の視点から離される表現が隠されていたと読み取る余地があります。

    この手法は砕けた言い方をしてしまえば、
    「主人公(語り手)と読み手の意識を同調させておいて、最後にそこから切り離す」という手法です。

    この手法ってRPGでもつかえるんじゃね?

    RPGは簡単にいえば、プレイヤーに操作キャラを通して物語を体験させるゲームジャンルです。
    だとしたら、これってRPGでも似たようなことできますよね。
    実際、結構古いRPGでも、同じようなことをやっている作品は存在したりするわけで。

    しかし、待てよ…?
    RPGでできるなら、TRPGでも…!?

    思わせぶりなことを言って、今回の記事は終わりとします。
    乱文失礼しましたm( _ _ )m

    このページのトップヘ