どうも、はじめまして、サークル内の最年少の座を奪いました@Dra_Hono_Sです。

 スタッフのまもりお姉様に「サークルに入って感じたことについてのお話を」との依頼が舞い込んだので書かせていただくこととなりました!
 (すごくドキドキしながら返信していました)
 サークルに入って感じたこと”だけ”だと味気ないので入るに至った動機なども話していこうかなと思っています。さて私も例にならいまして
 

そもそもお前は誰だ

  • 名前:どら
  • 役職:シナリオライター(新人)、大人キラー 
  • 作品:ないので今後に期待です☆(至極真面目)
  • 本年の目標:映画、本を見て知識として蓄える。

 それでは、本編へ→

九頭竜堂に入った動機

九頭竜堂との出会い

 僕と九頭竜堂の出会いはとてもロマンチックな夜(月ノ書のプレゼント企画のニコニコ生放送)でした。
 月ノ書と言えば書いている現在からもう2年前の作品ですね。僕も歳をとったなと感じます。
 さて、話を戻しますと僕が九頭竜堂と出会ったのは2年前の真夏の夜のニコ生となるのですが、この時の放送でキャッチコピーとして出していたのが「武器になる本 ダメージは1d4」だったような気がするのですが、そのキャッチコピーに惹かれて”初めて”の同人誌購入となりました。

月の書を読んで

 初めての同人誌として月ノ書を購入し自宅に届いた現物を見ると、「これはすごい、ホントに人1人あっちの世界に送れる」という位の厚みがありました。
 外観をなめるように見て記念撮影をした後、シナリオを読み始めました。ひふみ大先生のシナリオ(「そこにいるイリヤ」)を読み終えた後、涙があふれてきました。最後にはすべてのシナリオに感動していました。
 そして気づくと僕は九頭竜堂のファンになっていました。

九頭竜堂のファンになってしたこと

 僕が九頭竜堂のファンになってまずしたことは、ライター様、絵師様をフォローして回る、です。今ではストーカーチックなことしたな~、と思っています。だが、後悔はしていない!
 そしてフォローをし終えてしたことは、「九頭竜堂blog」を見る。です。最初から最後まで読みました。
 この時点で既にストーカーっぽいですね。(中の人は現実ではそんなことしませんよ)
 そんなこんなで九頭竜堂を追いかけまわしている間にask.fmを使って質問を投げる等、色々してきたある5月の1つの回答に目を奪われました。
 (内心で質問者様ないすぅ(本音)ってなっていました。
どら画像1

1つの回答と告知ツイートとサークル参加と

 質問が「九頭竜堂に参加したいです。応募は受け付けていますか」というものでした。それに対する回答が「夏頃にスタッフ募集が出る可能性が高いです。(ry」というものでした。
 そしてこの回答を目にして(感覚で)すぐにひふみ大先生の告知ツイートが流れてきて、その当日に応募のメールに1時間、2時間と時間を使い恋人に宛てるかのような気持ちで送信しました。
 それから返信がいつ来るか胸の高鳴りを抑えて待っている所に母親からの着信が入り一気に肩の力が抜けたのを今でも覚えています。
どら画像2
 さて、時が経ち9月となり、ひふみ大先生のTwitterをよくストーキングしておられる方なら覚えているかもしれませんね、そうです!「説明会開催中です」という旨のツイートです!その説明会もすぎ採用してくれた時の喜びは何ともいえませんでした。
どら画像3

動機のまとめ

月ノ書で惚れた
・blogやツイートをストーキングしている内にファンになっていた
・ワイズマンホールはいいゾ~^~
・サークル主宰が面白い人だった。(ニコ生にて)
どら画像4

九頭竜堂に入って感じたこと

 僕が九頭竜堂に入って感じたことは、アットホーム感や成長、充実感です。
 どれ位のアットホーム感かと言うと、まもりお姉様との自己紹介の時は推し鯖で自己紹介しあう位のアットホーム感です。
 スタッフの方との交流の中で色んな事が聞けてそれが自分の知識になる。これって成長しているってことですよね。(震え声)スタッフの方に「ムオサムさん」というお兄様がいるのですが、色んな事(意味深)を教えてくれたりします。
 サークルに参加してから毎日シナリオネタを考えるようになったり、ネタ探しの旅に自転車を走らせたりしている自分に充実感を感じました。
どら画像5

終わりに

 楽しく本気になれる場所です。スタッフの皆様、ホントに優しい方たちなのです!
 まだまだサークルスタッフ随時募集中の模様です。特に、InDesignなどのソフトを使える方やTRPGのシナリオ集の編集に興味がある!という方を募集している模様です!
 この記事をみて興味を持たれた方は是非僕のように初夜の男子の気持ちになりながら応募のメールを送ってみてはいかがでしょうか?

通販情報はこちら

とらの通販ページはこちらからどうぞ
メロンブックスの通販ページはこちらからどうぞ