九頭竜堂

サークル「九頭竜堂」のBlogです。 主に仲間内で遊んだTPRG(クトゥルフ・シノビガミ・サタスペ等)の話題や、ニコニコ動画でのリプレイ動画投稿、フリーシナリオの公開情報やコミックマーケットでの頒布物の情報をお知らせしています。

◆ご挨拶

はじめまして。
僭越ながら、絵師、衛知ぜろ(えいちぜろ)がブログを書かせていただきます。
文字を扱うのに慣れておりませんので、変なところがあってもご愛敬でお願いします。
今回、ヰノ上まもりさんが「好きな事書いていいですよ」って言って下さったので
この場を借りて好きな事について語ろうと思います。

私の好きな事とは…
美術館巡りで…今回は

「ミュシャ展2017」に行ってきたんです!!!

そう、この記事は東京2017年開催のミュシャ展、展示会のレポになります。
私なりの楽しみ方や感想を書いていけたらと思います。
まだ行ってない方はこの記事をみて、ほんの少しでも足を運びたいと思って下されば幸いですし、行っている方は「それな」「いや違う」って感じで軽く読んでくだされば助かります。

 

◆ミュシャという作家とは

フルネームでアルフォンス・ミュシャ 現代のチェコ出身の作家です。(画像はWikipedia)
ぜろ画像1

・代表作一部
ぜろ画像2
ぜろ画像3
上記のようなアルフォンス・ミュシャですが、普段から各地で展示会が行われ、日本はもちろんのこと世界各地で愛されています。
そして、この度チェコ国外では初公開の作品がある!ということで大注目の展示となっています。

その名も「スラヴの叙事詩」

ミュシャが晩年に手がけた連作でして、縦に6メートル、横に8メートルもあるとても大きな絵でその数は20作となります。
知った風に書いていますがすべて公式サイトに載っていることですので興味のある方はご覧ください。
公式サイトリンクhttp://www.mucha2017.jp/

◆見た印象・混雑

さて、私が行ったのは3月中旬、平日14時~17時で大目玉となる叙事詩では混雑は感じませんでした。何しろ絵が大きいので人被っても気にならないくらいです。

見た印象はですが、

大きい!でかい!綺麗!

と語彙力が溶けました。
事前に聞いていましたが、大きく、見上げすぎて首が痛い!
ホントびっくりするくらい大きいんです…!

どれくらいかというと、
ぜろ画像4

これくらいです。
この大きい絵が全部で20作でして…とても圧巻です。
全体が見えるように離れて見たり、中くらいから見たり、近くで…と距離を変えて楽しんでいました。
遠くから見る場合、オペラグラスが欲しいですね。是非おすすめします。

展示自体ですが、チェコの歴史にそって当時を生きる人々が大胆に繊細に描かれていきます。当然ですが、作家が生きた時代の小物、服が反映されているのをみて、歴史に邂逅している気分になりますね。
描かれている人物1人を取ってみても絵になるような構図、実際にいてもおかしくないサイズです。
ミュシャの布、女性の体がとても優雅で緻密で好きで…、個人的にただリアルなだけではなく、ロマンを感じる表現を切り取っているように感じます。
私の描く絵はアニメチックな絵ですが大変参考になりました。

そしてこの展示、
なんと一部写真撮影可能エリアがあります。

ええ??っこの素敵なのが撮れてしまっていいの!?って、なります。1枚じゃない、5枚です。ぐるりと四方に大きい絵。

例えば下の写真は、絵との距離
①2メートルくらいから②1メートルくらいから③近く④近くでズームになります。
こう見ると具体的な大きさがイメージできてきたのではないでしょうか。
ぜろ画像5
▲「スラヴ民族の賛歌」撮影可能コーナーより

そして後半の「ミュシャとアール・ヌーヴォー」以降は1列に並んでいたので、なかなかの混雑でした。
ただ大阪の堺貯蔵の品が多く「堺 アルフォンス・ミュシャ館」でもみることができますので、お時間に余裕がない方は見送るのもありだと思います。
ですが何度見てもいいので、普段行かれない方ほど見ていただきたいです。
特に「四つの花」シリーズが私の好きなおすすめの作品です。

個人的に嬉しかったのが、「見足りない!もう一度見たい」という方に黙示録コーナーに再び行ける配慮がされていたということ。
ゆっくりじっくり見れるのは嬉しいですね、そちらは時間もなく行きませんでしたが、
一通りしっかり見て全体で2時間から3時間かかりました。
物販も合わせると3時間半くらいかかったと思います。

◆販売スペース

公式図録はA4サイズ 2,400円(税込)で全国の書店から買えるそうです。
限定グッズも盛りだくさんでした。
図録は荷物になるので後と判断し、現地で私が購入したのはこちらです。
ぜろ画像6
メモとマスキングテープです。
開けると下のような感じに。
ぜろ画像7
表はお洒落な模様で遠慮なく使えますし、裏面は一面絵。
こういう物は日常のふっとしたときに楽しめて好きです。

◆最後に

ここまで好き勝手に書いていましたが以上になります。
とっても素敵でした。

そしてこの「ミュシャ展」は、国立新美術館にて6月5日(月)まで開催しています。
休刊日は毎週火曜日(5月2日(火)は開館)
開催時間は午前10時から午後6時、料金は一般1600円 大学1200円 高校生800円です。

飾るのにも一苦労なくらい大きい絵なこともあり、日本上陸は最後になるかもしれません。
もしよろしければ足を運んでみてください。 


衛知ぜろ


「ミュシャ展」公式サイト http://www.mucha2017.jp/
堺 アルフォンス・ミュシャ館 https://mucha.sakai-bunshin.com/about.jsp



筆者:衛知ぜろ ―eichi zero―
九頭竜堂サークルに所属して2年ちょい。月ノ書から参加の末端絵師。
絵しか描けない。感性を広めたい、刺激を受けたいと思って、美術館や博物館、展示、個人経営のカフェ雑貨屋などにふらりと足を運ぶ。
普段は漫画・イラストを描いていたり、展示会に創作イベントにでたり…と何しているか一言で言いづらい者。女の子を描くのが好き。
Twitter:eitipe0  →(https://twitter.com/eitipe0


このような文を書くのは初めてに近いですが楽しく書かせていただきました(*’ω’*)

こんにちは!ブログ管理人のヰノ上まもり(@i_mamori)です。

ブログを再始動して少し経ちますが、記事をしっかり書いてきてくれるスタッフのお陰で、約週一更新を続けていられます! 感謝!

とは言え、人にお願いするだけでなくたまには自分でも記事を書いてみようかなぁと思い筆を取ってみました。

そもそもお前は誰だ

  • 名前:ヰノ上まもり(段ボール)
  • 役職:イラスト担当、記事書いて~ってお願いして回る人(ブログ管理人) 
  • 作品:とらのあなやメロンブックスのシナリオ集で挿絵なんか描いてます
  • 趣味:映画やドラマ、アニメ鑑賞
イラスト作業の傍らBGMとして映像作品を流していることが多いです。
本記事では最近観た海外ドラマについてご紹介いたします。

有名作品なので改めてご紹介する必要もないかな…とも思ったのですが、一個人の感想として温かくお読みいただければ幸いです。

海外ドラマ『スーパーナチュラル』を紹介する理由

スパナチュ

今回ご紹介するのはアメリカの連続ドラマ『スーパーナチュラル』です。12シーズンも続く人気作品で、HuluやAmazonビデオ(プライム)ではシーズン9まで配信されています。

そんな有名作品にも関わらず、なぜ最近まで視聴しなかったのかというと……
パッケージ画像を見たりあらすじを読んだ限りでは、イマイチどういう作品なのか面白さが分かっていなかったからなんですよね。

以下はAmazonビデオからの引用ですが、あらすじをまず読んでみてください。
邪悪な”闇”に立ち向かう、兄弟の闘い。母の死から始まった、幼い兄弟の恐るべき運命は、その死が悪魔の仕業だと信じた父につれられて、悪霊狩りの旅に出る。それから22年、弟のサムは弁護士を目指す大学生に、兄のディーンは悪霊ハンターとなり、父との旅を続けていた。だが、父の突然の失踪と恋人の死をきっかけに、サムは再び悪霊を狩る旅に出る。
うーーーーん????
分かるような分からないような……
スペースキャット
▲壮大なスケールでスペクタクルな感じの作品かな……?(第一印象)

視聴した今となってはあらすじで言わんとしていることも分かるのですが、初見では食指が動きにくいかも…? 私自身そういう経緯で視聴が遅れ、もっと早く観れば良かった!と思ったので、この場を借りて面白かったポイントをいくつかご紹介していきます。

『スパナチュ』ってどんなお話?

ストーリーを一言で説明すると、
「主人公の兄弟が、名状し難き事件を次々と解決していくお話」です。
うーん、流石にざっくりすぎですね(反省)。順を追って説明してみましょうか。

物語は22年前、ウィンチェスター家で起こった悲劇から始まります。
両親と幼い兄弟の4人で平和に暮らしていたのも束の間、突如母親が謎の死を遂げることに……
母親
▲母親天井、家ごと炎上。絵ヅラが若干ギャグっぽく見えますが、いたってシリアスな冒頭です。

「超常的な存在に殺された」と確信した父親は、事件の真相解明と復讐を決意。
兄弟にも銃の扱い方・悪魔や悪霊に関する知識を叩き込み、スパルタ教育を施します。
この教育の甲斐あって、兄弟は”ハンター”として成長していくことに!
サムとディーン
▲ウィンチェスター兄弟。左:サム(弟)、右:ディーン(兄)

ウィンチェスター家と悪魔を巡る宿命の対決がシーズン通しての大きな課題ですが、基本的には一話完結なので(1話45分程度)手が空いた時に視聴するにも手頃かもしれません。

ジャンルとしてはアクション・ホラー・サスペンス。
オカルト要素も勿論のこと、個人的には些細な兄弟喧嘩をしたり父親に反抗してみたりと『家族』を描いているシーンも好感ですね。

なぜクトゥルフ神話TRPGクラスタにオススメなの?

ストーリー構成がクトゥルフ!

本作では悪魔や霊、妖怪など一般的には理解されない存在が人を殺したり事件を起こします。
題材もさることながら、導入から解決までの流れがとてもクトゥルフっぽい!(語彙不足)
各話の流れはだいたい以下のような感じ。
  • 導入…知人からの依頼。新聞に不審な事件を見つける etc.
  • 情報収集…事件関係者に話を聞く。事件現場を調べる etc.
  • 推理…集めた情報から原因を特定。またどうやって倒すかorどうやって祓うかなども検討する
  • 戦闘…事前に用意していた呪文・武器を使用したり、敵に応じた戦い方を模索する
  • 解決!
……いかがでしょうか?
クトゥルフのシナリオも多くはこのような構成になっているのではないでしょうか。
主人公の兄弟は探索者さながらに、入念に準備して超常の存在に相対する……
一話一話がまるでセッションを見学しているような充実感を味わえるのも魅力の一つです。

主人公が訓練された探索者!

父親から様々な知識を叩き込まれているだけあって主人公は二人とも優秀です。
いやぁ、ほんとにね……
ウィンチェスター兄弟みたくスムーズに情報収集してみたいですよ(へっぽこPL目線)

視聴してて特に感じるのは兄ディーンの<言いくるめ>技能の高さですね。
何種類もの偽造の身分証を使い分け、捜査官やFBIに成りすまして事件現場に潜入したり、
話を合わせつつ事件関係者から話を聞き出していきます。
言いくるめ1
▲一時的に騙せても、後々身分の詐称がバレたりするところも<言いくるめ>技能って感じですね

ディーンが肉体派の一方、弟のサムは頭脳派。
パソコンや図書館で情報収集するのが得意なので、兄弟それぞれ上手く役割分担ができている印象です。
またこの兄弟、メンタリティも探索者しています。
自分達の本来の目的とは直接関係ない事件においても、犠牲者を増やさないために尽力し積極的に首を突っ込んでいくのです。
ヒロイックな二人を見守っていくのも見所の一つではないでしょうか。

父親が残した手帳

手記や日記って不思議と胸がときめきますよね?
ホラーと名のつくジャンルのご多分に漏れず、本作品にも失踪した父親の手帳が登場します! 
超常的存在の種類や退治方法などが記されていて、二人の事件解決をサポートしてくれるんですね。
父親の手帳
▲びっしりと文字が書かれ、謎の模様まで……読んだらSAN値減りそう。

シナリオフックになりそうな題材の数々

また、シナリオライターさんにとっては題材となっている民間伝承・都市伝説を見て創作意欲が刺激されるのではないでしょうか?

有名どころだと、鏡の前で「ブラッディ・メアリー」と3回唱えると血まみれの女性が現れるという都市伝説が扱われていました。
血まみれメアリー
他にも「15分後に墜落する機内で悪魔に憑かれた人間を探せ!」というミッションが発生したり、緊迫したシーン作りに応用できそうなメソッドが多数見受けられます。

最後に

つらつらとご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
サークルの中ではイラスト担当ということもあり普段文章を書かないので、読みにくい点など多々あったかと思いますが、少しでもご興味持っていただけたなら幸いです。
最後に私のお気に入りポイントを挙げて締めさせていただきます。
二重
二重2
ディーンの二重まぶためっちゃ美しいです……
ウィンチェスター兄弟がイケメンなので目の保養にも良いですよ(笑)



通販情報

ヒロイックなCoCシナリオを遊びたい方にオススメ!
仮面ノ書収録シナリオ『ヒーローアーズ』

以下は著者のリクラァカ氏によるPVです↓
この機会に是非遊んでみてはいかがでしょうか?
『ヒーローアーズ』を収録したクトゥルフ神話TRPGシナリオ集『仮面ノ書』、メロンブックスにて好評委託中です。
https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=194980

オサナミさんは語りたい

 どうも、はじめましての方ははじめまして。そうでない方はお世話になっております、@osanami_kouriです。
 前回書いた記事にPS4のゲームがひとつもなかったことに気がつき急ぎ拵えました。散文で申し訳ありませんが、また個人的にプレイしたゲームのお話を備忘録的に語っていこうかと思います。
 早速ですが本編に参ります。

『GRAVITY DAZE 2/重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択』

 5年越しにリリースされた続編にして最終章。重力を自在に操る少女“キトゥン”を操作して、街を脅かす敵をやっつけるアクションゲームです。前作の良いところはそのままに、時代に合わせて各種の進化を遂げていました。先日3/21にはキトゥンのライバルである“クロウ”の前日譚を描いたDLC『時の箱舟-クロウの帰結』が無料配信されています。DLCは積みゲーが多すぎて処理出来ていませんので、本編のみに限ってお話しますね。
20]
 ▲かわいい。かわいい(大事なことなので(ry
 

『Gravity Daze 2』のここが良い! 

 ◯ 独特の世界観に酔え!

 まずは前作からの部分を挙げると「雰囲気のある世界観」です。本編のストーリーはよく見るAVG方式とバンドデシネを併用しています。後者は漫画的手法を多用しながらも、やはり日本人には親しみのない異物感を感じる部分があります。
GRAVITY DAZE® 2_20170421011643
 ▲あくまで日本風バンドデシネではありますが雰囲気は十分。メタルギアとかも有名です

 このことが本作の世界はあくまで「異世界」であることを印象付けることにひと役買っているといえます。異物感の原因がどこにあるかというと、バンドデシネ特有の美術画のような美しさや1コマの奥行きにあると感じています。

 ◯ キトゥンちゃん可愛いよペロペr(ry 

 新規の要素として挙げたいのは「キトゥンの可愛さ」ですね。前作からかなりキャラクターが練られています。特にインゲームのキトゥンのボイスが格段に増えたことで、操作しているのが人格を持った人間であることを感じられるようになりました。キャラクターモーションも追加されたことで、シリーズプレイヤーには「あっ、このコはこんな動きをする女の子なんだ!」という気づきを与えてくれました。
20170218_1640_15503_
 ▲スクショ機能もあるので自由な構図で撮影できます

 筆者は褐色娘属性はありませんが、彼女だけは別格ですね。操作スタイルやシステムについてはたくさん記事があるので割愛します。

『Gravity Daze 2』のここが悪い…

 ✖ カメラ移動のおせっかいさ

 カメラワークの悪さが目につきます。操作感はほぼ「空を飛ぶ」感覚なのですが、あくまで「重力操作で空を落ちている」という設定を印象付けるためか、重力操作を解いた瞬間にカメラが重力方向に向き直ってしまう仕様があります。
 これにより何が困るのかというと、態勢を立て直す時に自分がどちらを向いていたのかわかりづらくなります。結果的にカメラをグルグル回して画面酔いを引き起こす原因になりがちです。
59]
 ▲このあと左上のエネルギーがなくなって地面を向きます

 ✖ マップ広すぎィ! 

 もうひとつは「上下に広いフィールド」ですかね。前作では横方向の広がりが大きかったのですが、今作は上下方向に大きくされています。世界観として位置の違いが貧富の差になっていたりと面白いのですが、当然ながら上方向に移動するときは重力操作を使用して移動することになります。
GRAVITY DAZE® 2_20170421005618
 ▲遠景表示になっていますが、かすかに見えてる浮島もマップです

 街から街への移動などの長距離になると、残エナジー量に気を配る必要があり結構なストレスです。一度行った場所についてはワープ地点であるマンホールを見逃さずに発見しておきたいです。


『バイオハザード7』

 満を持して登場したバイオハザードのナンバリングタイトル。システム面はガラッと変わりFPS視点になりました。しかしながら原点である「恐怖」はより濃厚に……各地のプレイヤーからは悲鳴が聴こえておりましたね。
55]

 ▲男の体力は清潔さから!わかったか~?いろは?

『バイオハザード7』のここが良い!

 ◯ 恐怖の原点の復活

 なんといっても「恐怖」の一点が超強化されたことに尽きます。全編PSVRでのプレイが可能な現状少ないタイトルであり、VR体験はよりリアルな恐怖を提供してくれます。筆者はPSVRを持っていないのでVRでのプレイは1時間もありませんが、リアル感はハンパないです。ホラー耐性は高い方ですが、次の部屋への扉を開けるのが億劫になるほど怖かった覚えがあります。
12]
 ▲ヤダ…なんか見えてる……小生ヤダ

 ◯ いい感じにイカれた家族たち

 それと是非挙げておきたいのは「敵キャラが個性的」であるということ。「ファミパンおじさん」が有名ですが、今作で出てくる敵ことベイカー家の人間はとっても個性的。敵の表情がこんなに豊かなホラーゲームを見たことはあまりないかも。そんな狂気の表情がまた恐怖を煽るのです……
04]
 ▲ヤンデレおじさんはNG!可愛い女の子になって出直してきてね!

『バイオハザード7』のここが悪い…

 ✖ ドンパチは控えめ

 人気だったシリーズ456がTPSであったため、システムと雰囲気がガラッと変わった部分には賛否あります。とりわけアクション性についてはホラー要素と引き換えに犠牲になっている側面があるため、アクション性の高いゲームを期待していた人たちには特に評判が良くないです。
24]
 ▲オサナミ「ちょっと通りますよ」リッパー「だめです」

 ✖ イーサン「やだ…俺のキャラ薄すぎ…?」

 主人公の顔が出ないためにキャラクター像を結び辛く、前作ほどの親近感を得られませんでした。FPS視点という性質上、主人公がプレイヤーの投影であるという印象を強くしてしまった弊害ともいえます。

 ✖ オサナミ「……オェップ」

 致命的に「画面酔いが酷い」です。ゲーム内設定で歩行時の画面が揺れることをなくすことはできますが、それでも1時間くらいのプレイで酔うのは防止できませんでした。『BATTLE FIELD 1』で起伏の激しい高山地帯を走り回っていたときでも酔わなかった筆者が最近のゲームで酔うのは久々で、正直ショックを受けました。「よりリアルに」を追求した結果として画面酔いが激しくなったのだとしたら皮肉なことです。
00]
  ▲暗い部屋をずっと走り回っていると酔いやすいです

『武器よさらば』

 プレイ時間は短いですがホットなので記載します。3/30にリリースされたアクションゲーム。【ロード】という強化人間を使ってディストピアと化した近未来の世界を生き抜く……チョーテキトーに言うと硬派向け白猫プロジェクトみたいな感じです。
IMG_1165
 ▲いきなりクライマックスから始まります。お約束なので混乱はしませんでした

『武器よさらば』のここが良い!

 ◯ テンポ良し、気分良し

 ロードが短いのでテンポよくゲームを進められます。敵を切り倒していくのに『無双シリーズ』のような爽快感があり、ストレス発散にちょうど良いです。簡単に100Hitとかできるのでアクションゲームが苦手な人でも安心ですよ。 
IMG_1168
 ▲虫ケラどもがあぁぁぁああぁぁぁぁああ!!!(スッキリ)

 ◯ 丁寧な作り込みと運営

 開発がグリーの『Wright Flyer Studios』のためか、『消滅都市』を彷彿とさせるアドベンチャーパートのカットインに懐かしさを覚えました。このスタイリッシュな雰囲気が好きな人は多いと思います。リリース初期にも関わらずイベント等が多数用意されているのも好印象です。
IMG_1166
 ▲ちょっと最近のペルソナとかに似てる感じのカットイン

『武器よさらば』のここが悪い…

 ✖ グラがショボい…(小声)

 大量の敵が出てくる処理負荷軽減のため、敵のモーション割り数が少なめで味気なく思います。敵を攻撃したときのヒットストップもほぼないので、『モンハン』や『ゴッドイーター』などの敵に食い込む感覚に慣れた人は物足りなさを感じるかもしれません。キャラのグラも特筆するほどではなく、やはりコンシューマーと比較すると安っぽく思います。
IMG_1167
 ▲顔回りの髪とのベタつきが気になる…

 ✖ もう一歩のテンポの良さが欲しい!

 細かいことなのですが、ミッションの報酬がプレゼントボックスに支給される形式になっているため、報酬を受け取るのにひと手間必要なことに不快感があります。具体的に言うと「ミッション一覧」で確認し「プレゼントボックス」で受け取る形式ですね。せっかくテンポの良いゲームなので、この辺りの面倒さも突き詰めて欲しいですね。
IMG_1170
 ▲これで報酬受け取れたと思うでしょ?違うんだなぁ


通販情報はこちら

とらの通販ページはこちらからどうぞ
メロンブックスの通販ページはこちらからどうぞ 

このページのトップヘ